アカルボース処方について
クリニック

最近では美容外科でもアカルボースをダイエットピルとして処方されています。

アカルボースで糖尿病治療中に停滞期を乗り切る成功談

糖質制限を促す医者アカルボースは食後高血糖の改善を目的として糖尿病治療によく用いられる薬の一つです。作用機序はαグルコシダーゼの阻害で、食物中に含まれる二糖類のブドウ糖への分解を阻害することで、食後の血糖値が急激に上昇することを抑えます。糖尿病治療でありがちなのが、定期的な受診の中でなかなか血糖値が下がらない状態が続く、いわゆる停滞期のような時期が存在することです。血糖値自体はもちろん、血糖値の指標として汎用されるHbA1cについても数値が下がらず停滞期となることが多くあります。元々糖尿病は長い目で見て治療していくものですし血糖値は食事の内容によっても変動がありますので、結果上がったり下がったりを繰り返す、という状態になります。停滞期を乗り越えて、血糖値が低い状態を維持するという成功談ばかりではありませんが、成功談から学ぶことは数多くあります。血糖値を低く保つことができている成功談の中でよく聞かれることの一つに、「楽しんで取り組んでいる」ということがあります。アカルボースだけでなく、他の薬が用いられることも多い糖尿病治療ですが、そのベースには食事療法と運動療法の徹底、という壁があります。生活習慣の改善は、アカルボースなど糖尿病治療薬の効果を高め、効率的に血糖値を下げることができるのですが、生活習慣を改善するというのは、想像以上に大変なもの。カロリーコントロールをしようとしても、ついつい意識せずに摂取してしまっているカロリーが多かったりと難題が多く降りかかってくることもあります。そんな中で治療を成功に導くカギは、やはりそういった取り組みを「楽しんで」行うということ。うまくいっている方からは、食事の内容を見直したり運動したり、という中にも細かい目標を決めて、血糖値の変動にとらわれず「取り組みをする」ということを楽しんでいる様子がよく聞かれます。それが成功への近道なのかもしれません。